SHIBUYA SHOWCASE FEST 2018 - 9月27日、28日、29日 - サラヴァ東京、チェルシーホテル、スターラウンジ
By GIG IN JAPAN Follow | Public

Shibuya Showcase Fest 2018 グローバル音楽見本市とライブイベントを9月27日、28日、29日に渡り、渋谷の複数ライブハウスにて敢行!
GiG IN JAPAN(代表:ステファン・チャプイ)とミュージシャンに特化したクラファンアプリを運営するニルバーナコンサルタント株式会社(代表取締役:原貴悌)が協業して実施するグローバル音楽フェス
ニルバーナコンサルタント株式会社 2018年6月5日 10時05分

2017年より開催しているShibuya Showcase Fest が今年も敢行。3日間に渡り実施されるこのイベント、ヨーロッパやアジア、アメリカから集まった独立系の人気ミュージシャンが渋谷に集結。連日ライブを渋谷にて繰り広げる。日中は、日本の音楽出版社やレーベルやミュージシャンなどの音楽関係者が、海外の音楽出版社、メジャーレーベルやミュージシャンと協業に向けた商談会、グローバルなデジタル音楽産業に関するワークショップそして親睦を深める交流会が催される。夜は、渋谷の複数ライブハウスにて、ジャンル毎の海外と邦人を組み合わせた複数ミュージシャンやバンドのパフォーマンスを堪能する事が可能。https://www.shibuyashowcasefest.com/

「渋谷をグローバルで先進的な音の町に変貌させたい」そんな想いから始まった、渋谷ショーケース。今年で2回目にあたり、海外における知名度が増している。東京五輪をまじかに控える日本で、そして渋谷でプレーしたい、欧米やアジアに於いて注目度の高い独立系アーティストの招聘を実施今年も総勢20組を超える、数多くのミュージシャンたちを渋谷に集める。



日本からの出演アーティストは、AU-ひかりの宣伝でプロレスラー”蝶野正洋”扮する客に、ラップでサービスの説明をしTV-CMで話題となっている「うたう最終兵器」”春ねむり”や、ヨーロッパのインディーズシーンにおいて、話題になっているBo-Peep, 「大人げないオトナの音楽」のコンセプトを元に音楽を通して様々な企画を立て日々面白いコンテンツ作りを目指し、 映像、紙、Web、ブランディングやマーケティングなど全てを自分たちで行う「DIYミュージシャン」として各メディアで紹介されている超絶ギターテク・アコースティックユニット・パラノアなど、海外の音楽出版に積極的なパフォーマーたちが連日複数拠点で行われるFESを盛り上げる。



(イベントベニュー)
9月27日(@Saravah Tokyo) 
Chanson, Contemporary Jazz, World
シャンソン、コンテンポラリージャズ、ワールドミュージックを焦点を於いた9月27日のSaravah Tokyoのライブでは、日本でも知名度のあるNouvelle Vague (France)のボーカルMarina Celeste(マリーナセレステ)を初め、海外で現在注目を浴びるアーティストが出演。日本からは、2016年 4月よりリニューアル放送を開始したテレビ朝日"報道ステーション"のテーマ曲を自身も所属するバンド " J Squad "で手掛け、同年11月に UNIVERSAL MUSIC JAPANよりアルバム”J-Squad ”をリリースしたり、FUJI ROCKなどでも公演した実績のあるサックス奏者馬場智章が出演。

(イベントベニュー)
9月28日(@Chelsea Hotel)
Denmark Night : Modern rock, pop/rock, punk pop
ロック、パンクを中心に海外から集まったミュージシャンがチェルシーホテルで公演。デンマークにて現在、Love meなどの楽曲PVで人気を博し注目を浴びているボーカルユニットTiger/Swan (Denmark) タイガースワンが出演。

(イベントベニュー)
9月28日(@Starlounge)
Urban, groove, Hippop
28日は、チェルシーホテルに加え、スターラウンジに於いても渋谷ショーケースライブを敢行。アーバン、グルーブ、ヒップホップに焦点をあて、独創的な感性で訴える個性的なアーテイストを世界中から招聘。日本からのパフォーマーは、これからのJPOPの担い手”春ねむり”。横浜出身のシンガーソングライター / ポエトリーラッパー / トラックメーカー。21歳、突如マイクを握り、うたう最終兵器「春ねむり」としての活動を始める。







音楽プロデューサー蔦谷好位置氏とのコラボ曲「さよならぼくのシンデレラ」の制作ではリリックと歌唱を担当。2016年10月、ファーストミニアルバム「さよなら、ユースフォビア」でデビュー。 その後、デビュー3ヶ月でワンマンライブをソールドアウトし、冬のBAYCAMP201701、WOOLY SUMMITなど、複数のフェス・サーキットイベントへ出演。 また、トラックメーカーとしての楽曲提供、ソロでの客演参加も盛んに行い、2017年3月にはリミックス作品をリリース。そして、活動開始から一年、セカンドミニアルバム「アトム・ハート・マザー」をリリース。同作品が、2017年6月度「タワレコメン」へ選出。 直後の夏には、オーディション優勝を経て「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」へ出演!(他、カオスフェス、つくばロックフェス、BAYCAMP 2017等へ出演)。さらに、8月には芋生悠主演映画「; the eternal /spring」の主題歌を担当、9月には後藤まりことの共作シングル「はろー@にゅーわーるど / とりこぼされた街から愛をこめて」をリリース。 デビューから一年の節目には、吉祥寺・武蔵野公会堂にて自身初となるホールワンマンライブを成功させた。 2017年11月、資生堂の医薬品リップクリーム「モアリップ」のWeb CMに出演しリリックと歌唱を担当。12月からは3カ月連続自主企画「冬の大三角」を行い、サードワンマンライブをソールドアウト。 2018年、東京女子流(avex)「ラストロマンス」を制作(作詞作曲編曲)するなど作家としても活動開始。3月、「auひかり」のWeb CMに出演しプロレスラーの蝶野正洋と共演。
(ショーケース・アフター・パーティ)
9月29日
3日間のイベント最終日は、パーティーで締めくくる。オープニングでは、TRF-SAMの事務所に所属する若手プロダンスチームがパフォーマーとして出演。商談からライブに出演した国内外の音楽レーベル関係者とゲストが、一体となり、2018年の渋谷ショーケースを最後のダンスパーティーで飾る。

今後は、ここで繋がるグローバルなコネクションを使い新しい音楽コンテンツ開発や日本ミュージシャンのグローバルな音楽市場への進出や、海外のさらなるミュージシャン招聘が活発におこなわれるハブとして渋谷ショーケースを多くの人たちに認知醸成を図る取り組みを行っていく。





日中のワークショップ、商談会、懇親会、現在日本の音楽関連企業の参加を募っています。ご興味のあるミュージシャン、音楽出版、音楽関連企業の皆様は、ご連絡頂き、是非27日、28日、29日に行われますイベントご参加いただければと思います。